Blogブログ

2019.07.30

その他

Laravelが使えるWEBエンジニアを求めています!!切実!!

大阪のホームページ制作、WEBシステム制作を行なっているアンジップの横井です。
私は、システム部ではなく、主にホームページ制作を担当するデザイン部のデザイナーです。

さて、内容はタイトル通りなのですが、「エンジニア 求人」などでこの記事にたどり着いた方へ
まずはアンジップが何している会社なのかご紹介したいと思います。

大阪市を拠点にするアンジップ株式会社は「-を0に、0から+に」を合言葉に、Webシステムの開発をはじめ、ホームページ・チラシ・パンフレットのデザインを手掛けるWeb制作会社です。

アンジップの依頼は大きく3パターンあります。

デザイン部とシステム部が一緒に作る案件

モールに所属しない独自で開発するECサイト(ショッピングサイト)などがイメージしやすいかと思います。
デザイン:ブランディングをはじめとするサイトの構成からサイトデザインを作ったり、静的コーディングを進める。
システム:ログイン機能やカート機能をはじめ、クライアントが求める機能を作成する。

デザイン部が提案し作成したデザインにシステムを組み込み、クライアント様へ納品。
全て社内ですべてが完結するのがアンジップの魅力です。(そういう依頼お待ちしてます)

システムだけを請け負う案件

今使っているシステムをリニューアルしたい、機能を新規で作りたいなど
主にLaravelを使って、システムに関わる部分を担当します。

ホームページ制作を請け負う案件

コーポレートサイトやランディングページなど一般的ホームページ制作はデザイン部だけで担当しています。
WordPressの構築なども基本的にはデザイン部で完結します。

そんなアンジップですが、システムの案件が集中していて、
wantedlyにて、「Laravelができるエンジニア」を絶賛募集しております!

現在システム部は3人(プラス外部2人)ですが、それぞれ長期案件を持っており、
その隙間隙間で新しい案件を受けている状況(not デスマーチ)なのです。

「せめてあとひとりいれば、もっといろんな案件ができるのに・・」
「あの会社さんの案件、絶対面白いのに社内リソースが・・・」

エンジニアが足りなくてデスマーチ苦しんでいるというわけではない(システム部の様子から勝手な判断・・笑)のですが、
もっと会社を成長させていくためにはもう少し人材が欲しいとのこと。

wantedlyに掲載されている内容を少しご紹介します

アンジップって何やってるの?

大阪市を拠点にするアンジップ株式会社は「-を0に、0から+に」を合言葉に、
Webシステムの開発をはじめ、ホームページ・チラシ・パンフレットのデザインを手掛けるWeb制作会社です。

>>制作実績はこちら

アンジップは元請会社に振り回される「作業」の案件はありません。
直接クライアントとコミュニケーションを取りながら一緒に考え、本当に必要なシステムやデザインを「開発」「制作」しています。
クライアントとの距離が近い分、お互いに納得したものを提供できる。

喜びの体験を積み重ねるうちに、もっと多くの方々に喜んでもらいたい。そう、私たちは思うようになりました。より多くのクライアント様の悩みごとや困りごとを解決し、多くの人々が持つ悩みごとや困りごとを解決できる自社サービスの開発もスタートしました。

どんな人を求めているのか

<開発環境>
フレームワーク:Laravel
フロントエンド:Vue.js
クラウド:AWS
開発環境・案件管理:Git、Vagrant、Backlog、Slack

【必要なご経験・スキル】
■Laravelなど、何らかのフレームワークを使用して開発したご経験
■PHPでの開発経験(実務経験1年以上)

【歓迎するご経験・スキル】
■3年以上のシステムエンジニア、もしくはプログラマ経験のある方(言語は不問)
■報告や連絡を都度取りながら開発を進められるコミュニケーションスキル

「例えば、Laravelを使って、こういう経験がある人だと嬉しい!とか最高!」とか書きたいんですけど、
ここに書いてあることが理解できれば応募対象じゃないのかな・・・と思います(小声)としか言えず(笑)

アンジップのエンジニアとして働く魅力

技術的な面をクリアした人が一番気になるポイントはやはり「働きやすいかどうか」だと思います。
求人サイトだから良いことばっか書いてるはず、入社したら騙された、
そんな疑心暗鬼な人に向けて私からのコメントも追加したいと思います(笑)

◎オンとオフの区別もばっちり

残業は……残念ながら、多少はあります。
もちろん、それは深夜作業するということではありません。基本的に、19時台でオフィスは無人になります。

——
↑「19時台でオフィスは無人になります」これは本当です。みんなすぐ帰る。ほんまにすぐ帰る。
今日珍しく遅いですねって時はだいたい、「明日リリースやから最終確認中やねん〜」って言われます。
(みんなすぐ帰るからオフィスグリコ全然売れない。)
——

◎充実したオフィス環境を整備

毎日、働く場所が少しでも魅力あるものになるようにオフィス環境を整えました。
創業者がアメリカのシリコンバレーに出向き、Apple、Twitter、GitHub、Yahoo、Pinterestといった先進的なIT企業を訪問して得た知見を活かした空間です。

——
↑シリコンバレーに出向いた効果が空間に反映されているかは知りませんが、作業スペースは広いですし、Apple製品いっぱいあるし環境は整っていると思います。
——

◎スキルアップをフルサポート

「スキルアップしたい」というメンバーがいれば、技術を学べる勉強会の参加費を支給しますし、業務時間内の参加もOKです。もちろん、参考となる技術書は会社負担で購入します。

——
↑この本欲しいって言えば、「なんで欲しいか、書籍の感想を述べよ」ってことはないです。このセミナーや勉強会に行きたいと言えば費用は負担してもらえます。雑談の中で「この勉強会行った」って話が出た時でも、受講料払うから領収書〜っていうパターンもあります。
——

◎全体的な開発スケジュールは自分の裁量で進められる部分が多い。

——
↑担当する案件は基本的に、クライアントの希望納期とスケジュールを調整した上で納期を設定することが多いので、自分の裁量で進められます。
ただ、誰かの指示ありきじゃないと動けない人、決めた納期に責任持てない人にはちょっと辛いかと思いますが、クライアントとの距離が近いので良い仕事ができたときに「本当にお願いしてよかったです」って直接声を聞けるのは仕事として最高のやる気につながると思います。
——

というわけで、エンジニアさんお待ちしております。

デザイナーの私が、エンジニアの募集の記事を書くのはどうかと思いましたが、
この記事をきっかけに「アンジップきになる・・」というエンジニアさんが増えれば嬉しいです。

詳しい社内の情報や、求人内容は下記のwantedly記事に掲載していますので、よかったらチェックしてみてください。

Laravelでクライアントと至近距離の開発を|Webエンジニア募集!
https://www.wantedly.com/projects/335559

この記事を見た将来のクライアントの皆様へ
制作案件のご相談、どしどしお待ちしております!!

>>ホームページ制作・システム制作のお問い合わせはこちら!

この記事を書いた人

横井 千春

横井 千春WEBデザイナー

2017年7月からデザイナーとして入社しました。よろしくお願いします!

> プロフィールへ

最近書いた記事

Contactアンジップへのお問い合わせ

お問い合わせ・お見積りは無料です。
IT・パソコン・印刷物のことならなんでもお気軽にご相談ください。

tel

tel

通話料無料

tel. 0120-995-822

平日10:00-18:00

mail

mail

メールフォームは24H受付中です。
※1営業日以内にご連絡させていただきます。

お問い合わせ

or